我が子を英語ペラペラに ~多嚢胞卵巣症候群で体外受精、自然妊娠ともに経験して~

不妊治療の体験談、子どもが英語をペラペラに話せるまでを綴っていきます

mama鉄㉔(36ぷらす3)

九州の鉄道に乗ったことがなかった私たち家族は、先日JR九州ゆふいんの森に乗車して参りました(^.^)♪

 

 

次に乗ったのは

JR九州「36ぷらす3」!!

 

 

「36ぷらす3」は想像以上に豪華でとてもカッコいい列車でした❗️(°_°)✨

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220915065209j:image

 


f:id:daidutusama:20220915065211j:image

 

「36ぷらす3」の外観デザインは、光のあたり具合などでさまざまな印象を生み出す「黒い森」をイメージしたメタリック塗装となっています❗️カッコい〜✨

 

デザインを手がけたのは、「ななつ星」をデザインした水戸岡鋭治さん。JR九州の車両デザインを一手に引き受けています。

 

f:id:daidutusama:20220920124219j:image

 

「36ぷらす3」は、令和2年10月にデビューした割と新しいJR九州の臨時観光列車です(°▽°)✨

 

 

名前の由来は、九州が地球で36番目に大きい島であることにちなんでいるよーです☆

また、36プラス3=39でサンキュー(感謝)も意味しているらしい(^^;笑

 

全席グリーン車で6両編成、1〜3号車が個室、4号車が共用スペース、5〜6号車が座席になっています☆

 

 

私達は1号車4番Aの個室に乗りました( ・∇・)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220920221239j:image

 

36プラス3は、畳が敷かれている車両があり、1号車と6号車は土足禁(°_°)❗️

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220920221245j:image

 

この1号車4番Aの個室だけ扉がついていて、完全個室になっています。

(子連れには個室がありがたい✨)

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220920221252j:image

f:id:daidutusama:20220920221248j:image
f:id:daidutusama:20220920221243j:image



他の車両もなかなかデザインが凝っていて、豪華な内装になっていました✨

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220920222950j:image
f:id:daidutusama:20220920222947j:image
f:id:daidutusama:20220920222941j:image
f:id:daidutusama:20220920222954j:image
f:id:daidutusama:20220920222958j:image
f:id:daidutusama:20220920222944j:image

 

36ぷらす3には、赤の路、黒の路、緑の路、青の路、金の路の5つのコースがあり、それぞれ5日間で九州各地の観光地を巡ることができます。

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220921060654j:image

 

 

私たち家族は、青の路コース(日曜日コース)

に乗りました☆

区間は、大分・別府→小倉・博多です。

停車駅は、杵築駅大分県杵築市)、中津駅大分県中津市)、門司港駅(福岡県北九州市)です( ´ ▽ ` )

 

 

杵築駅大分県杵築市)では、特産品が販売されており、我が家はロールケーキを2つ購入しました。

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220921061023p:image

 

中津駅大分県中津市)では、和太鼓でお出迎えされ、特産品の唐揚げが販売されていたり、黒田官兵衛にちなんだゆるキャラ「くろかんくん」と記念写真を撮ってもらえたりと、おもてなしを受けました(=´∀`)✨

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220921061020j:image

 

門司港駅(福岡県北九州市)では、

駅としては初めて国の重要文化財に指定された門司港駅を巡ることができます❗️

2012年から保存修理工事が開始され、2019年3月にグランドオープンした門司港駅

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220921061017j:image

停車時間が長いため、門司港まで散策してきました(°▽°)

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220921061015j:image

名物バナナの叩き売りショー?も楽しめました笑

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220921062515j:image

 

その後車内に戻ると「36ぷらす3」の飴をもらいました♪

娘が一人で全部平らげました💧

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220920223229j:image

 

36ぷらす3」のパズルもいただきましたが、子どもより夫が夢中で楽しんでました(・・;)

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220920223226j:image

 

36ぷらす3」では、「大分」「北九州」「福岡」の特産品を使った金平糖の試食会(私が食べた金平糖はトマト味でした(°_°))や、子ども限定シャボン石鹸作りも体験できました☆ 

 

金平糖って完成するのに1週間もかかるってことを初めて知りました(・・;)手間暇かかってるんですね〜

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220920223512j:image

 

豪華なランチもいただきました✨

明治34年創業、『ミシュランガイド熊本・大分 2018特別版』にて一つ星を獲得した老舗料亭「日本料理 筑紫亭」がランチを担当しています。

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220920224619j:image

 

 

九州を走る他のD&S列車たち

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220915064040j:image

 

湯布院駅で特急「九州横断特急」が停車しているのを発見!!(^O^)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220921070611j:image

 

門司港駅では、特急「いさぶろう・しんぺい」が止まっているのを発見❗️

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220921070614j:image

 

白いソニック

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220921071247j:image

 

 

 

読んでいただきありがとうございます♪

 

f:id:daidutusama:20220921072744j:image

 

それにしても、博多駅はめちゃくちゃデカいですねー(^_^*)田舎者にはおったまげ〜です

博多でもつ鍋鼎泰豐(ディンタイフォン)で小籠包を食べてきました♪

 

 

また懲りずに今後も九州鉄道制覇の旅をしたいなと思っています(^^)笑

mama鉄㉓(ゆふいんの森)

今日は久々に鉄道ブログ♪

3人目妊娠発覚する前に乗った観光列車について書いていこーと思います☆

 

 

我が家は最近になって、

九州の鉄道に一度も乗ってないことに気がつき、慌てて九州攻めを決行することにしました(笑)

(九州全ての県を巡ったことはあるんですが、全て車移動でした^^;)

 

 

 

九州攻めと言っても、

ななつ星には乗りません💧

(乗りたくても乗れません…(T_T)ヒエラルキーの頂点に君臨している人々しか乗ることが許されない列車だと認識しております)

それに「ななつ星」は子ども乗れませんしね。

 

 

 

さて、手始めに

JR九州ゆふいんの森に乗車してまいりました( ̄^ ̄)ゞ

(全車指定席です)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220904064937j:image

 

ゆふいんの森」は久大本線の森をイメージしたダークグリーンに塗装されている5両編成のレトロな列車です☆

 

 

 

我が家は子ども2人連れてなので、ボックス席のチケットを購入しました(^^)

 

ゆふいんの森のボックス席

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220904070625j:image

 

f:id:daidutusama:20220905080421j:image

 

JR九州ゆふいんの森は、

観光列車の先駆け的な存在であるため、車内は割と使い込まれてる感があります(^^;;

デビューしたのが1989年(30年以上前)なので

めちゃくちゃきれ〜い!!✨とゆー新品みたいな観光列車ではありません❗️

豪華で光り輝いている観光列車を期待して乗るとガッカリするかもしれません…(・・;)

結構使用感あります💧

 

 

 

ゆふいんの森」は、3世と1世に分かれており

3世のデザインをされたのは「ななつ星」をデザインした戸岡鋭治さんです。

ゆふいんの森1世」は1989年のデビュー当時から走っており、「ゆふいんの森3世」は1999年から走っています。



 

今回私達が乗ったのは3世の方です!

車内は木がふんだんに使われていて、「ゆふいんの森」の名前にふさわしいデザインですね✨

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220914122519j:image

 

f:id:daidutusama:20220914122640j:image

 


f:id:daidutusama:20220914122645j:image

 

 

車内販売されている、湯布院ミルヒ「ケーゼクーヘン」と、柚蜜スカッシュをいただきました✨

ケーゼクーヘン絶品❗️

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220914125842j:image

 

車内では、かわいい子どもサイズの制服貸出てくれるサービスもありました(=´∀`)

我が家のおチビたちにも着せてみました✨

女の子用と男の子用があり、帽子もあります❗️

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220914130204j:image

 

ゆふいんの森の記念乗車証もゲット✨

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220914130549j:image

 

 

ゆふいんの森ロゴマークはなんだかチュッパチャプスロゴマークみたいだな〜と思ってしまいました(´ω`)私だけ?笑

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220914130751j:image

 

f:id:daidutusama:20220914131015j:image

 

f:id:daidutusama:20220914130853j:image

 

 

 

ゆふいんの森」の車窓を眺めていたら、

或る列車」や「ゆふいんの森1世」とすれ違うことができました!

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220914184516j:image

 

f:id:daidutusama:20220914184555j:image

 

 

また、車窓からは「伐株山」や「慈恩の滝」、「旧豊後森機関庫」を見ることが出来ました☆

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220914184851j:image


f:id:daidutusama:20220914184855j:image


f:id:daidutusama:20220914184848j:image

 

 

 

ゆふいんの森の運行区間は、

博多〜湯布院・別府になります☆

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220904065930p:image

JR九州HPより拝借)

 

 

私達は、湯布院駅で「ゆふいんの森」を降りて温泉宿で一泊してきました☆

 

f:id:daidutusama:20220914185612j:image

 

読んで頂きありがとうございました✨

 

mama鉄㉒(機関車トーマス号)

大井川鉄道の機関車トーマス号

子どもたちを連れて乗車してまいりました(*´з`)

 

 

f:id:daidutusama:20220717152731j:image

が・・・大雨に降られ

子ども達は2人とも鼻風邪を引いてしまいました💦

大井川鉄道は山の中にあるので、天気が崩れやすく、急な雨にも対応できるよーに雨ガッパやタオル、薄手のパーカーなど荷物に入れておく必要があったな…と反省。今時期でも雨に濡れるとめっちゃ寒かったです…。)

 

 

私鉄・大井川鉄道静岡県)の大井川本線新金谷駅」~「千頭駅」の間の区間37.2㎞を機関車トーマス号が走ってます♪

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717083722j:image

 

 

 

機関車トーマスは、私も子どもの頃よくTVで観ていたので親しみがありますが…

子どもの頃から、薄々・・・トーマスの顔ってこわいなぁ💧って思っていました(笑)

 

なので、大井川鉄道のトーマス号を見た時もやっぱりちょっとコワ~・・・って思ってしまいました(^^;)(笑)

 

Twitter上でも、大井川鉄道のトーマス号がトンネルから出てくる瞬間の顔はホラーって話題になっていましたね(◎_◎;)

 

曇りだからか、ちょっと怖いトーマス…

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717122419j:image

 

 

 

我が家の娘と息子は、特にトーマスにはハマっておらず・・・💧

私もトップハム・ハット卿やトーマス、ゴードンくらいしかキャラクターがわかりません(;´∀`)

 

一応、大井川鉄道にトーマス号を見に行くぞー!と夫に言われた時に、子ども達とNETFLIX機関車トーマスのアニメを数回観たりしたんですが、、、、音声を英語ヴァージョンで観てしまったのでキャラクターたちの名前がほとんど聞き取れませんでした(~_~;)

 

 

f:id:daidutusama:20220717121944j:image

 

トーマス号の出発駅である新金谷駅では、トーマス号の出発前の整備風景や特殊消防車の「フリン」を見ることができます。

 

マッチョ感があるフリン

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717121849j:image

 

整備工場の近くの石炭置き場の前に行くとバスの「バーティ―」にも会うことが出来ます。

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717122500j:image

 

整備工場近くの受け付けに行くと缶バッジが貰えます!

f:id:daidutusama:20220717124333j:image

 

 

トーマス号の終着駅である千頭駅は、

機関車トーマスフェアの会場になっており、

「ヒロ」「パーシー」「ジェームス」「ラスティー」「ウィンストン」「いたずら・いじわる貨車」たちに会えます☆彡

↓↓↓

(左からヒロ、ジェームズ、トーマス号です)

f:id:daidutusama:20220717100130j:image

 

 

パーシー

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717100140j:image

 

ラスティーといたずら・いじわる貨車

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717123749j:image

 

 

ちなみに、

ヒロとパーシーの運転台の中に入ることが出来ますが・・・いたって普通の機関車の運転席でした(^^;)

雨の中行列に並んで見るほどではなかったな…と思いました💧

娘びしょ濡れ…

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717123313j:image

 

 

ラスティ―とウェンストンにも乗ることが出来ますが各1回300円かかります。

トーマスのミニSLには無料で乗れました!!

(我が家は無料の方だけ乗りました(;^_^A笑)

 

 

トーマスフェアの会場でスタンプラリーに参加すると

大井川鉄道オリジナルコップが貰えます。これは嬉しい。

↓↓↓

(我が家は4人家族のためコップ4つもらいました☆)

f:id:daidutusama:20220717123644j:image

 

また、トーマスフェアの会場にはトーマス号の回転台があり

駅員さんが手動でトーマス号を回転させているところが見ることが出来ます。

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717124152j:image

 

 

トーマス号からの車窓の眺めは

静岡県の茶畑をみることができます!

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717125858j:image

f:id:daidutusama:20220717144808j:image

 

車内ではトーマスの声で地元PRなどがされておりました(^_^)

ほとんど子連れファミリーしか乗ってないので、娘や息子が多少騒いでも全然気兼ねせずに乗れました。

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717132102j:image

 

が、、、

うちの自称乗り鉄夫は、SLが大嫌いなんです(・_・;

 

 

人体に有害な排気ガスを撒き散らすSLなんてサッサと廃止しろ❗️

と、ヘイトスピーチが止まらない夫💧

 

そんなSL嫌いな夫ですが、トーマス号には楽しそーに乗っていました(;´д`)

 

 

トーマス弁当も美味しくいただきました!

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220717145351j:image

 

 

 

雨に濡れて、夫も私もテンションだだ下がりでしたが、温泉宿で身体を温めて、心を癒すことができたので、まぁいい経験になりました。

 

大井川鉄道の急な雨には御用心です❗️

 

読んでいただきありがとうございました!

 

mama鉄㉑(鬼太郎列車)

我が家には、3歳児の元気モリモリな娘がいます☆彡

 

 

現在、娘はゲゲゲの鬼太郎クレヨンしんちゃんにどハマり中です(*´з`)

Netflix で娘はゲゲゲの鬼太郎を全話視聴済み)

 

プリキュアにはいつハマるんだ?

 

 

 

 

 

私も中学生の時に、

京極夏彦の小説に秘かにハマっており、娘同様に妖怪が好きです(笑)

 

 

 

京極先生の本は分厚過ぎて、寝っ転がって読むと顔面に本が落下してくる時があり、かなりのパンチ力です(笑)

ちなみに当時中学生だった私は榎さんが好きでした…(*´-`)♪←ミーハー

↓↓↓

 
 
 
夫の好きな妖怪→バックべヤード様
私の好きな妖怪→ぬっぺっぽう
娘の好きな妖怪→鬼太郎とその仲間たち
息子の好きな妖怪→なんでも好き
 
 
 
娘は鬼太郎の主題歌や必殺技も全部マスターしており、毎日私や夫に披露してくれます。
 
 
 
娘よ、そんなに鬼太郎が好きなら鬼太郎列車に乗りに鳥取県へ行きましょ♪
 
 
とゆーことで、鬼太郎列車に乗りに行ってきました☆
↓↓↓
f:id:daidutusama:20220702085433j:image
 
 
 
 
 
灼熱の鳥取砂丘にも行ってきました💧
砂が熱すぎて裸足では歩けません❗️
↓↓↓
f:id:daidutusama:20220703064251j:image
 
 
 
「鬼太郎列車」は、水木しげる先生の出身地である鳥取県境港市(JR境線の終着駅が境港駅です)であることにちなんで、1993年に運行開始となりました。
 
JR境線で走っている「鬼太郎列車」は、全部で6種類あります☆
↓↓↓
・鬼太郎列車
・ねこ娘列車
・こなきじじい列車
・砂かけばばあ列車
ねずみ男列車
 
 
鬼太郎列車
↓↓↓
f:id:daidutusama:20220702180339j:image
 
 
 
 
 
↓↓↓
f:id:daidutusama:20220702181327j:image
 
 
 
 
 
 
ねこ娘列車
↓↓↓
f:id:daidutusama:20220702181003j:image
 
 
 
 
 
こなきじじい列車
↓↓↓
f:id:daidutusama:20220702180900j:image
 
 
 
 
 
ねずみ男列車」と「砂かけばばあ列車」には残念ながら出会えず…でした💧
 
 
 
電車の中はこんな感じで、どこか懐かしい雰囲気でした(^^)✨
↓↓↓
f:id:daidutusama:20220702181726j:image
 
 

f:id:daidutusama:20220702181722j:image
 
 
 
f:id:daidutusama:20220702181834j:image
 
 
 
f:id:daidutusama:20220702181930j:image
 
 
 
f:id:daidutusama:20220702182305j:image
 
 
 
 
 
「鬼太郎列車」は1993年にデビューして、2018年にリニューアルされております。
 
 
JR境線の終着駅である境港駅は、字のごとく港が駅のすぐ近くにあって、港に止まっている船には鬼太郎の絵が描かれていました〜(´ω`)
↓↓↓
f:id:daidutusama:20220702224432j:image
 
 
 
 
 
船だけじゃなく、鬼太郎の絵が描かれているバスも走っていました!
(鬼太郎バスは写真撮れず…💧)
 
 
 
 
 
境港駅も、その周囲も鬼太郎一色で娘も大満足でした☆
 
f:id:daidutusama:20220703065002j:image
 
f:id:daidutusama:20220703065230j:image
 
 
 
娘の手に乗る目玉おやじ
映え写真の撮り方が鬼太郎列車の座席シートに書かれています(笑)
↓↓↓
f:id:daidutusama:20220702225833j:image
 
 
駅員さんが、鬼太郎列車のシールを娘にプレゼントしてくれたりと、優しかったです。
 
 
ちなみに、鳥取県には名探偵コナンの列車も走ってました。
青山剛昌先生が鳥取県北栄町の出身だから)
↓↓↓
f:id:daidutusama:20220703091928j:image
 
 
読んでいただきありがとうございます。みなさんが暑さで体調崩さないよーに願っています。

mama鉄⑳(あをによし)

念願だった

近鉄・観光特急「あをによし」についに乗ることができました✨

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220615123044j:image

 

 

 

 

 

近鉄・観光特急「あをによし」は、2021年11月まで50年間特急電車として走っていた12200系の車両を、総工費約3億3000万円投じて改造し作りあげられた電車です☆

(「あをによし」は4両編成です)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220615123252j:image

 

車両は「奈良の和」を表現したデザインとなっています(´ω`)✨


先頭車両のエンブレムは、正倉院の宝物に描かれている吉祥文様「花喰鳥(はなくいどり)」をあしらい、車体の装飾は宝物の図柄をモチーフにデザインされ、
外装のカラーは天平時代に高貴な色とされた「冠位十二階」でも最上位とされる紫色をメタリック塗装でカラーリングされています。


乗った瞬間から悠久の歴史・文化を感じる上質空間が体験できる❗️とゆーのが観光特急「あをによし」の売りです✨

 

 

 

 

光り輝く「あをによし」のエンブレムは、正倉院の宝物に描かれている吉祥文様「花喰鳥(はなくいどり)」をモチーフにしているとのことで、自分なりに調べてみました\( ˆoˆ )/

 

こちらが、

「あをによし」の電車のエンブレムです✨

(美し~)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220616060423j:image

 

 

正倉院(しょうそういん)は、

奈良県奈良市東大寺大仏殿の北北西に位置する、大きな倉庫です。

聖武天皇光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品を収蔵している建物で、1997年(平成9年)に国宝に指定され、翌1998年(平成10年)に「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコ世界遺産文化遺産に登録されています。

 

その正倉院に収蔵されている宝の一つに、

紫檀木画槽琵琶(したんもくがそうのびわという琵琶があり、

この琵琶に「花喰鳥(はなくいどり)」が描かれているのです。

 

これが、紫檀木画槽琵琶です(*´-`)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220616060601j:image

 

『花喰鳥』とは、鳳凰などの縁起良い鳥が、花や枝などをくわえている様をいい、幸運を運ぶ鳥といわれているため、祝い事や幸運を祈る時などに縁起物としてつかわれます。

↓↓↓

 

車体の模様は正倉院宝物螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」の文様をイメージし、ラッピングされています。

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220616100125j:image

 

 

これが、螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」です。

↓↓↓

ソース画像を表示

 

 

 

 

 

あをによしの車内の各テーブルに設置されているランプ?は、正倉院に収納されているペルシャ産の「瑠璃盃」をイメージしデザインされており、天井の壁や床の絨毯も、正倉院に保管されている絵画をイメージされています。

 

 

こちらが、

正倉院に収納されているペルシャ産の「瑠璃盃」です。

↓↓↓

 

瑠璃杯 正倉院 に対する画像結果

 

「瑠璃盃」をモチーフにしたあをによしのランプ?

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220616095421j:image

 

 

天井の壁や床の絨毯も、正倉院に保管されている絵画をイメージ

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220616100301j:image
f:id:daidutusama:20220616100305j:image
f:id:daidutusama:20220616100315j:image
f:id:daidutusama:20220616100310j:image

 

 

近鉄「あをによし」は、

「走る正倉院宝物」と称賛する方々もいますd( ̄  ̄)✨

 

 

 

 

 

私「ところで、「あをによし」ってどーゆう意味なの?(ーー;)」

 

夫「青丹よし(あおによし)は古都・奈良にかかる枕詞」

 

私「枕詞って何?」

 

夫「青丹よし奈良の都は咲く花の匂ふがごとく今盛りなり〜」

 

私「何それ?百人一首?」

 

夫「万葉集

 

私「万葉集百人一首の違いがわからん…」

 

夫「ggrks(ググレカス)」

 

私「…(´・_・`)」

 

 

万葉集に、「あをによし」を用いて詠んだ歌は27首あり 、「あをによし」は古事記日本書紀においても、万葉の時代よりも古い時代の出来事を記した記事の歌謡の中に、記・紀あわせて3首の歌に見られる。

 

 

枕詞を現代風枕詞に置き換えたら、

クレヨン→しんちゃん

それいけ→アンパンマン

ハロー→キティちゃん

みたいな感じ…でしょうかね??

 

 

 

あをによしのトイレ

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220616210115j:image

 

記念乗車証

(なかなか高級感あります✨)

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220616210112j:image

 

1・3・4号車はこのようなツインシートになっています

(サボテンみたいなシートだな〜と思いました)

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220616210121j:image

 

2号車はサロン席になっていて、販売カウンターもあり、バターサンドや大仏プリンなどを買うことができます( ・∇・)

(「シェラトン都ホテル大阪」特製の車内販売限定スイーツです)

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220616210118j:image

 

サロン席の窓はめちゃくちゃデカいです!!

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220616210109j:image

車窓からは平城京が見えました。

f:id:daidutusama:20220617065443j:image


f:id:daidutusama:20220617065440j:image

 

 

近鉄「あをによし」は、

2022年4月29日から運行を開始した新しい電車なので、

駅のホームに「あをによし」が現れると電車好きたちがカメラで撮り始めます(^.^)

 

 

九州の電車に全然乗ってないので、近々九州を攻めたいと思っています(笑)

 

読んでいただきありがとうございました❗️

mama鉄⑲(ハローキティ新幹線)

 

史上最もかわいい新幹線♡と噂の

ハローキティ新幹線」

に乗車してきました(*´ω`*)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220607234554j:image

 

 

JR西日本は、

2018年6月30日~サンリオのハローキティとコラボした

500系新幹線ハローキティ新幹線」の運行を開始しました。

 

 

ハローキティ新幹線は、JR西日本山陽新幹線区間のみを走る「こだま」として、

新大阪~博多間を毎日1日1往復しています。

 

ハローキティ新幹線は、

2018年5月13日に運行終了した人気車両

「500 TYPE EVA」(新幹線エヴァンゲリオンプロジェクト)

の後継として同じダイヤで運行しているのです☆彡

↓↓↓

山陽新幹線の500系こだまタイプエヴァ(TYPE EVA)の先頭部 ...

 

 

電車とか新幹線って、どーしても男の子向けってイメージで

男の子がいる家庭だけがはしゃいでいる感がありますが

ハローキティ新幹線は完全に女の子仕様に作られています。

 

 

 

 

ハローキティ新幹線には、キティちゃんの物語があります(笑)

 

「地域とみんなをつないで結ぶハローキティのものがたり」

 

ある夜のこと。

ハローキティは夢を見ました。

 

夢の中で、大きなリボンの精が語りかけてきたのです。

「たくさんのひとたちをつなぐ、お手伝いをしてほしいの。」

 

目覚めると、

ハローキティは制服を着てリボンの上にいました。

 

駅のホームに導かれた

ハローキティの目の前に現れたのは、

ピンク色に生まれ変わった500系新幹線!

 

最後にピンクのリボンで仕上げます。

はじめまして、ハローキティ新幹線です。

 

これからこのリボンで、

たくさんの人たちをつないで、たくさんの笑顔にしていこう。

 

そうしてハローキティは、新幹線に乗り込んだのです。

 

 

 

 

とゆー物語の内容のため、

ハローキティ新幹線の外装デザインは

地域を「つなぐ」「結ぶ」という思いが詰まったリボンをモチーフにしたデザインとなっております。

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220608001356j:image

 

 

車両に描かれているキティちゃんをよくよく見ると

西日本の9つの県のご当地キティが描かれています。

(福岡県、山口県島根県広島県岡山県鳥取県兵庫県大阪府奈良県

 

 

 

ハローキティ新幹線は8両編成です。

 

 

1号車は「HELLO!PLAZA(ハロー!プラザ)」と呼ばれる車両で

雑な説明をすると「売店」です・・・(´ー`)

 

優しい女性の乗務員さんが数名いて、

ハローキティのぬいぐるみと写真を撮ってくれます。

 

記念にハローキティ新幹線のマグネットと靴下を購入しました✨

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220608003440j:image

 

 

 

 

 

2号車はハローキティのかわいいお部屋

KAWAII!ROOM(カワイイ!ルーム)」と呼ばれる車両。

(2号車は自由席です)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220612073457j:image

 

f:id:daidutusama:20220612074233j:image

 

f:id:daidutusama:20220612080811j:image


f:id:daidutusama:20220612080808j:image

 

 

最後尾の8号車には、

子どもが運転できるミニ運転台がありました(´ω`*)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220612073103j:image

 

 

 

新幹線 こだま号 500系 編成

 

 

 

 

さて、いきなりですが・・・

ここでクイズです(*_*)←うざ

 

 

Q.新幹線の「ひかり」、「こだま」、「のぞみ」を速い順に述べてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.一番早い順に述べると、「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」となります。

一番速い列車が「のぞみ」、次が「ひかり」、各駅停車が「こだま」です。

 

 

のぞみ→ひかり→こだまの順で停車駅が増えます。

「こだま」は各駅停車なため、この3種類の新幹線の中で一番時間がかかると言われています。

 

つまり、ハローキティ新幹線「こだま」なので・・・各駅停車です💧

新大阪~博多間で19駅に停車します💧

 

 

そのため、「こだま」は各駅停車を嫌うお客さんには乗ってもらえないという理由?から、山陽新幹線では「こだま」「ひかり」のみで使える格安の切符を販売しています。

(通常の半額くらいで乗れるらしい・・・)

 

ちょっと時間がかかっても格安で新幹線に乗れるなら・・・

というお客さんがこぞって「こだま」の指定席切符を買うので

 

「こだま」では、指定席は満席だけど自由席はガラガラ(;´・ω・)

という極端な現象が起きています💧

私達家族が乗車した日も、指定席はぎっしり満席で自由席はめちゃくちゃガラガラでした(笑)

おかげで子ども達が走りまわっても誰にも気兼ねせずに居れました。

 

指定席切符を買って自由席を3席占領して座るという輩もいるよーです。

(私でもそーするかも・・・)←すんな!

 

 

 

まぁ、、、

それにしてもハローキティ新幹線は内装もとってもカワイイため

おじさんたちが座っているととっても違和感・・・(^_^;)

 

夫もサンリオピューロランドに迷い込んで来てしまったおっさんのようでした💧笑

(夫は30代前半)

 

ちなみにサンリオ男子は許せるアラフォーです(´_ゝ`)←知らんわ

 

 

 

 

 

 

YouTubeを検索していると、、、

シンカリオンハローキティの動画を発見!!(笑)

↓↓↓

 

 

 

無茶苦茶しゅ~るw

見た目めちゃくちゃイカツイのに声は可愛いキティちゃん(;´∀`)

 

「リンゴミサイル」に笑ってしまいました(笑)

 

 

シンカリオンは何となく知っていましたが、

ちゃんと観たことなかったので今後、夫と一緒に観ようと思いました。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

mama鉄⑱(藍よしのがわトロッコ列車)

最近は、

暖かいを通り越して暑いですねぇ…(ーー;)

 

 

そんなわけで、今日は

暖かい季節におすすめな

トロッコ列車についてご紹介させてください。

 

 

私は

「トロッコと聞いて

まず頭に浮かぶのが

ドンキーコングのトロッコです💧笑

(子どもの頃ハマってました)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220527212623j:image

 

 

 

 

その流れで

トロッコ列車を想像すると

私の脳内ではこーゆートロッコ列車が浮かんできます…(・・;)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220527220826j:image

 

 

 

 

もしくはこんな感じのすし詰めなやつを想像してしまいます…💧

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220527213904j:image

 

 

 

そのため、

夫からトロッコ列車乗りに行こう!」

と言われたときに…

(えー…💧トロッコ列車は正直あんまり魅力感じないなぁ…)と思ってしまいました(⌒-⌒; )←失礼

 

 

ですが、、、

駅のホームに現れたトロッコ列車

とっても綺麗な列車で

驚きました‼️( ゚д゚)

 

JR四国

「藍よしのがわトロッコ列車

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220527222910j:image

 

f:id:daidutusama:20220527222932j:image

 

トロッコ列車とは、

車体の上半分が外気に開放された車両に旅客が乗車することができる観光列車の通称である。

なお、トロッコとは、土砂や鉱石を運搬するための簡易な貨車のことである。

Wikipediaより引用)

 

 

藍よしのがわトロッコ列車

吉野川下流徳島線を行き来するトロッコ列車です。

 

2020年10月10日から運行が始まった

比較的新しい列車です☆

 

 

爽やかな川風を浴びながら吉野川の風景を楽しむ目的で設定された、徳島県を走る臨時の観光列車です。

 

 

藍よしのがわトロッコ列車

2両編成で、その内の1両がトロッコになっています。

 

 

土曜・日曜・祝日に1日1往復しか走りません。

 

 

吉野川藍染めの「藍」が列車の名前に織込まれていて、車体デザインも白から藍色へグラデーションされており、吉野川の流れや、阿波の風土を表現しているんだとか。

徳島県の北部を雄大に流れる吉野川の流域は、藍染料の日本一の産地です。)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220527223559j:image

 

f:id:daidutusama:20220527223754j:image

 

 

 

下りと上りで愛称が異なり、

下りは「さとめぐりの風」

上りは「かちどきの風」

とゆう名前がつけられています♪

 

 

 

 

下り列車では

「阿波尾鷄トロッコ弁当」をトロッコ車内で購入することができます。

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220527224036j:image

 

我が家はお弁当は注文せず、

よしのがわブルーソーダを頼みました。

(とっても綺麗な藍色のソーダだったんですが、息子が眠くてグズりだしたので撮影する暇がありませんでした…💧)

 

 

 

トロッコ列車は風を感じれて

涼しくてとっても気持ちがいぃです☆

 

 

f:id:daidutusama:20220527231858j:image

 

f:id:daidutusama:20220527231845j:image

 


f:id:daidutusama:20220527231839j:image

 

私たち家族が乗った日は

車内に家族連れは少なく、女性よりかは鉄オタ男性がたくさん乗っていました。

おっさんとかではなく、賢そうな高校生?男子たちが数名乗っていて、乗務員さんに色々質問したりして盛り上がっていました。

 

観光列車は、その土地の特産や風土、歴史を知ることができて、その土地の地元の方々とも交流することができるのがいいですね〜(^ ^)

若い内からこんな楽しみ方をしている男の子たちをみて、凄いな~賢いな~と感心するアラフォー。

 

トロッコ列車じゃない1号車の車内。

シートはもちろん藍色✨です

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220527234829j:image

 

阿波池田駅で一旦降りて、

たばこで栄えた街とやらをぶらぶら歩いてきました。

阿波池田うだつの家」

↓↓↓
f:id:daidutusama:20220527234832j:image

 

 

藍よしのがわトロッコ列車では、

記念乗車証や藍よしのがわトロッコ列車のマグネットがもらえます( ・∇・)

(マグネットは何種類かあり、選ばせてもらえます)

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220527202431j:image

 

また、

「藍よしのがわトロッコ列車からは

剣山(つるぎさん)を眺めることが出来ます。

 

剣山にはある伝説があり、、、

 

壇ノ浦の戦い三種の神器とともに

海に沈んだとされる安徳天皇(6歳)ですが、

実は壇ノ浦で入水したのは安徳天皇の影武者であり

三種の神器草薙剣もレプリカで、

安徳天皇は生きながらえており

草薙剣は剣山の頂上で宝蔵石という大きな石で

封印されているという伝説が剣山にはあるのです(°_°)❗️

 

 

だから、

剣山は「剣」って名前が付けられているんですね~

信じるか信じないかはあなた次第ってやつですね(⌒-⌒; )笑

 

読んでいただきありがとうございました☆彡