我が子を英語ペラペラに ~多嚢胞卵巣症候群で体外受精、自然妊娠ともに経験して~

不妊治療の体験談、子どもが英語をペラペラに話せるまでを綴っていきます

2人目はなぜか自然妊娠…

我が家には2歳9ヶ月のイヤイヤ期真っ只中のわがまま嬢と、

最近よろよろと歩き始めた0歳11ヶ月のお坊ちゃんがいます。

 

娘は4年半ほど不妊治療をして、最終的に体外受精で出産したので、次の子は病院に冷凍保存している受精卵をお迎えに行かなければ生まれないと思っていましたが…

娘が1歳2ヶ月になった頃に、私は急に身体がだるくなり、風邪かな?と思って家にある風邪薬などを飲んでやり過ごしていました。(娘が0歳9ヶ月頃に私は職場復帰してフルタイムで働いてました)

 

風邪薬を飲んでもなかなか体調がよくならず、身体がだる重…の状況が続きました。

ある日家のトイレに入ると、娘の時の不妊治療のなごりで妊娠検査薬が1個余っているのが目につき、試しに妊娠検査薬を使ってみたところ、みるみるくっきり二重線が出ました(゚o゚;;

 

私が思うに、私の不妊原因が多嚢胞なので、多嚢胞性卵巣症候群は卵巣の表皮が硬く厚くなるのが特徴だから、娘の体外受精の時に採卵したことで、卵巣表皮に無数の穴が空いて産後排卵がスムーズになり、息子を自然妊娠したのではないかと分析しています^_^

 

それってつまり、多嚢胞の人は採卵だけでも妊娠率は上がるということなんじゃないかな?と、私は思いました。

不妊治療されてた方のブログでも、2人目は予期せぬ自然妊娠だったと書いてる方が意外と多くいたので、2人目はあっさり妊娠しやすかったりもするようです。

でも、1人目が自然妊娠でも2人目が体外受精という方もいらっしゃるので、妊娠は何が起こるかわかりませんね、、、