我が子を英語ペラペラに ~多嚢胞卵巣症候群で体外受精、自然妊娠ともに経験して~

不妊治療の体験談、子どもが英語をペラペラに話せるまでを綴っていきます

娘より息子の教育に力を入れる親

私には、

娘と息子が1人づついます。

 

 

ぶっちゃけ、

娘には将来バリキャリになって、

男に頼らず強く賢く生きていくのよ!!とか望んでいません…^^;

 

母としては娘に、

偏差値より女子力が高くなって欲し〜な〜。

将来、良い男性と巡り逢って幸せになって欲しいな〜。

と、思ってしまいますσ^_^;

 

 

ですが…

息子には、地元の進学校に合格して

できたら親父(夫)の頭脳や収入を追い越す人物になって、更なる高みを目指して欲しい!!と願ってしまいます(´ω`)

 

 

そんな私の考えを見透かすように、

職場の年配の先輩(女性)から

「私もね、娘と息子が1人づついるんだけどね、息子には、中学受験させて進学校に行かせたの。大学もそこそこ有名なとこに行ってくれたわ。娘はね、ある程度の中学校でいいかなって思って、私立の女子校を中学受験させて、中高と女子校に通わせて短大卒業して、その後は家庭に入って今は専業主婦。でもね…娘にもちゃんと息子と同じように勉強をさせて、息子と同じくらいの学歴を持たせるべきだったかな…って今は反省と後悔をしているわ。私は、子育てしてる頃、女の子は男の子ほど勉強は必要ないって思て、娘を育ててしまったのよ。時代遅れの考えよね。うふふ。」とゆー貴重な体験談を聞かせてもらい、ハッとさせられました(°_°)

 

 

この手の話になるとよく名前が出てくるのが

女性学ジェンダー研究をされている

東京大学名誉教授の上野千鶴子先生。

 

 

「2019年の東大入学式・上野千鶴子先生の祝辞」YouTube動画

素晴らしい祝辞ですので、ぜひ見て欲しい✨

↓ ↓ ↓

 

この動画の中で、上野千鶴子先生が、

文部省の調べで男女の偏差値には、男女差はないという報告がありますが、2016年の男子の大学進学率は55.6%、女子の大学進学率は48.2%と、女子の大学進学率が男子より低く、この男女の進学率の差は成績の差ではなく、「息子は大学まで、娘は短大まで」でよいと考える親の性差別的な教育投資の結果である。と述べられていました。

 

 

 

東大の女子学生は「キミ大学どこ?」と聞かれると、

「東大」とすぐに答えずに「東京の大学」と答えるそうです。

東大の男子学生は躊躇することなく「東大」と答えるそうです。

女子学生がサラッと「東大」と答えてしまうと周りから引かれるのに対して、

男子が「東大」というと周りからチヤホヤされる現状。

 

これは、

世の中の男性の価値と女性の価値にねじれがあるからと、

上野先生は説明していました。

女子は子どもの頃から「かわいい」ことを周りから期待され、

「愛され・選ばれ・守ってもらえる」という価値には、

「絶対に相手をおびやかさないという保証が含まれている」と、上野先生は指摘していました。

 

 

私が最近視聴している教育系?YouTuberのマスクド先生の動画にも

「女の学歴」という題材のYouTube動画がありますが…

まぁ、これが男性の本音だろうな・・・(笑)

と思いました。

↓ ↓ ↓

 

 

女の子はどう生きるか」

という上野先生の本を最近読んでみました。

 

 
 
 
本の中で、
妻に対して夫が「お前みたいなバカなやつ・・・」とののしると、妻が夫に「じゃあなんでそんなバカなやつと結婚したのよ!」と言い返します。
上野先生は、この夫は俺よりバカなやつだからこそその妻を選んだのよと答えています。
 
 
 
うーん…とっても考えさせられる内容でした。
 
 
この本も話題になりましたね
「2億円と専業主婦」
↓↓↓

 
 
最近は共働き世帯が増え、
男性は専業主婦よりハイスペック女子に魅力を感じるとかなんとか…
 
それって、妻が「夫はATM」って言ってる逆バージョンじゃないの?って気もしますが…
 
女性は低学歴女子でもハイスペック女子だとしても男性にとって都合の良い存在になるために生まれてきたわけではない!って言いたいですね…💧(・・;)
 
 
 
女の子をもつ多くのママたちは
将来、娘に
「男性と肩を並べて働いて欲しいけど、女の幸せもつかんで欲しい」
と願っている方が多いいと思いますが・・・

 

 

 

私自身フルタイムで日々働きながら2人育児をしていると

「マジでしんどっ!!めっちゃ疲れる!!」

って叫びたくなる時があるので・・・

 

自分の娘には、

私より楽な人生を送って欲しいな~と思ってしまいます。

 

 

娘には家事や育児を分担してやってくれる優しい旦那さんと結婚して欲しいですし、育児と両立できる融通の利く仕事について欲しいと思っています。

 

今回、上野先生のYouTube動画や本を読んで「娘には、息子ほど期待しない親」にはならないよーに、娘にも息子にも平等に期待して行こうと思いました。