我が子を英語ペラペラに ~多嚢胞卵巣症候群で体外受精、自然妊娠ともに経験して~

不妊治療の体験談、子どもが英語をペラペラに話せるまでを綴っていきます

さっぽろ雪まつり中止

1月20日大寒でしたねʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

 

大寒は1年で1番寒さが厳しい日らしいですが、確かにめっちゃ寒かった…

 

みなさん暖かくしてお過ごしくださいませ:;(∩´﹏`∩);:

 

私は3日前に、さっぽろ雪まつりが中止というニュースを、Yahoo!ニュースで知りました…( i _ i )

 

 

 

マジでー?!(;´д`)

って驚いたのと同時に…

やっぱりかぁ…💦💦💦

と、思いました。。。

 

 

 

ニュースの見出しに、

「1月20日コロナ感染者北海道"1437人"確認…2日連続で「過去最多更新」 札幌市も最多更新790人台 急増続く」

と書かれており…( ;∀;)

桁違いの感染者数にびっくり💦

 

 

 

なぜ、さっぽろ雪まつりの話をするのかとゆーと、、、

うちの両親が昨年、還暦を迎えたので、兄妹でお金を出し合い、還暦祝いに両親へ北海道旅行(さっぽろ雪まつりツアー)をプレゼントしたのです。

 

が、、、3日前にさっぽろ雪まつりが中止とゆうニュースを知って、慌てて旅行会社にキャンセルを入れ、キャンセル料7000円を支払うこととなったのでした。。。(ーー;)最悪

 

 

 

うちの両親は、私が幼い頃から

「死ぬまでに一度は北海道の雪まつりに行ってみたい!」とよく言っていたので、両親が還暦になったらさっぽろ雪まつりに連れて行ってあげよう!と決めていました☆

 

貧乏ながらに私たち兄妹を育ててくれた両親に、なんとしてでも、さっぽろ雪まつりをみせなければ…親孝行できたとはいえない。。。

 

いつの日か、さっぽろ雪まつりに両親を連れて行ってあげれる日が来ることを願っております(*´-`)

 

 

それにしても、キャンセル料7000円は痛い…

 

大寒の寒さがお財布にも…

 

f:id:daidutusama:20220121012304j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

3歳まで乳歯を虫歯から守り抜く

子どもの毎日の歯磨きって、地味に苦行。。。

とてつもなくめんどくさい。

子どもの歯を磨きに来てくれる歯磨きヘルパーサービスとかないんかな( ´_ゝ`)

 

 

 

結局…

子どもを虫歯から守ってやれるのは、親しかいない。

 

 

この責任ある役目を親は放棄してはならぬのです。

 

 

 

乳歯は酸に弱くエナメル質が薄い

 

ため

 

 

乳歯は虫歯になりやすい

 

 

 

 

 

今日は自分の健忘録&戒めとして「乳歯の虫歯予防」について書きたいと思います。

 

 

赤ちゃんが生まれてくるとき(普通分娩で産道をとおるとき)、母親から約300種類もの口内の「常在菌」がうつされ(膣常在菌など)、その中の約10数種類がいわゆる虫歯菌だといわれておりますが、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。

 

 

(↓とある方の論文の文章を一部抜粋)

胎児は産道を降りてくるときに、まず母親の膣と肛門にいる細菌に出会う。これらの菌にまみれることによって、胎児は母親の細菌を継承する。こうして、新生児は、健全な細菌叢を身体内につくり始めるのだ。

 

 

母親の膣と肛門の菌にまみれるって言い方・・・斬新だね(;´∀`)

まぁ、私は子ども2人帝王切開で産んだので、子どもを細菌にまみれさせれなかったわけですが、、、

帝王切開で生まれた子どもは病気が多い」=「産道を通過してないせい」とは思っていません。

うちの子どもは元気過ぎて困るくらいですし・・・風邪もほとんどひきません💧

なので、帝王切開で出産したママさん、「帝王切開で生まれた子どもは病気が多い」という説はあまり過度に心配しないでくださいね!!

 

 

話を戻そう。

 

 

 

 

産道で虫歯菌に感染したとしても、虫歯菌は歯の表面に住み着くため、歯がまだ生えてない赤ちゃんの口の中では住むところがなく、虫歯菌はそのまま唾液として飲み込まれ胃の中に落ちてしまうのです。

歯の生える前の赤ちゃんのお口の中に、虫歯菌は住み着くことはできないのです。

 

 

言い換えれば、歯が生えてきたらヤバいってことです💧

 

赤ちゃんは通常生後6か月頃~歯が生えてくると言われてます。

 

1歳半頃までは虫歯菌に感染しても、赤ちゃんのお口にいる他の細菌(善玉菌・悪玉菌・日和見菌など)の量が多いため、虫歯菌は常在菌にならないそうです。

 

が、口内フローラが整っちゃう時期(1歳半~2歳半)に虫歯菌に感染してしまうと、虫歯菌が常在菌として一生涯子どもの口の中に居座ってしまいます。

 

 

「口内フローラが整いました~」

 

 

と言われる時期が、3歳頃なので

 

虫歯予防は3歳までが勝負!!

 

なのです( ´△`)←そんなんお前に言われんでも知っとるわ

 

 

 

 

まぁ、もううちは上の子は3歳になってしまったので・・・

時すでに遅し・・・(;一_一)

果たして母はミュータンス菌に打ち勝てたのか・・・

今月末3歳の娘を連れて近所の小児歯科に連れて行ってきます★

 

 

 

 

虫歯は、遺伝するのではなく、感染するのだ

 

なんだか、名言みたいな言葉…( ´ ▽ ` )

 

 

ミュータンス菌は、母子間でその菌型が一致することが最も多く、母親の唾液にミュータンス菌量が多いと子どもの感染率が高くなること等から、子どものミュータンス菌は大半は母親から感染すると考えられています。

 

 

子どもに虫歯菌を感染させているのは、母親だ!!

と、研究者たちに言われるのって辛いね…( ´_ゝ`)

 

 

 

子どもが火傷しないように、良かれと思って食べ物をフーフーして冷ましてあげたことも、子どもの寝顔が可愛くてたまらずチュッとキスしてしまったことも、全部罪悪感として母に背負わせるミュータンス菌が憎い・・・

 

 

まぁ、ミュータンス菌の侵入を許してしまったとしても

 

虫歯菌の酸に負けない強いエナメル質の歯を作ってしまえばよいだけの話である!!(開き直りも大切だ!)

 

我らの強い味方フッ素

 

フッ素を塗布した歯と、フッ素を塗布してない歯とでは、酸の溶解率が数十倍も違うとされております。

 

YouTube動画でフッ素の虫歯予防の効果についての実験動画がたくさん出ているので、興味がある方はみてください。

↓ ↓ ↓

 

ちなみに私が我が子に使っているフッ素

1歳の息子にはレノビーゴ

3歳のお姉ちゃんにはチェックアップを使っています。

 

 

フッ素は多すぎても、少なすぎてもダメなのです。

フッ素って歯磨き粉に書いてるし、これでいいや〜って感じのノリで買うのはダメらしい。

 

なんでも適量が大事!ちゅーわけです。

 

(年齢別おすすめフッ素)

※歯科衛生士の方にちゃんとアドバイスをもらって、フッ素歯磨き粉について書いてます。

↓↓↓

0歳児→レノビーゴ

f:id:daidutusama:20220119022056j:image

レノビーゴ は、フッ素の量が100ppmと低いので、赤ちゃんにも安心して使える代物。

ただ、フッ素の量が100ppmと低いので、虫歯予防としての効果はあまりないといわれています…

なので、0歳児は小児歯科のフッ素塗布と合わせることをおすすめします。

(乳児検診でフッ素塗布してもらえるはず)

 

1~3歳→Check-Up(バナナ)

f:id:daidutusama:20220119030856j:image

乳歯の奥歯が生えてきたら、フッ素濃度500ppmのフッ素歯磨きジェルに切り替えるべし。バナナ味しかないと思われる…(・・;)

 

 

3歳~→Check-Up(ストロベリー)

f:id:daidutusama:20220119031000j:image

フッ素濃度950ppm。うがいが上手にできるようになってくる時期になりつつあるので、水でフッ素を洗い流さないように歯磨きの後に、このジェルフッ素を塗布することをおすすめします。

 

15歳~→Check-Up(ミント)

f:id:daidutusama:20220119031110j:image

市販の歯磨き粉のフッ素含有量は、薬事法で1500ppm以下と決められているため、市販のフッ素歯磨き粉の限界は1450ppmのものが多い。

 

 

よくフッ素は、フッ素中毒になって怖~い・・・

子どもの口にフッ素を使うなんて恐ろしいなど

ネットに書いてますが

 

歯医者でフッ素塗布してもらうときの

フッ素濃度は9000ppmです。

 

おったまげ~な値です・・・(´_ゝ`)

 

 

フッ素以外にキシリトールもおすすめです。

 

f:id:daidutusama:20220119125123j:image

 

我が家は、おやつにキシリトールとサプリグミ(DHA)と魚の煮干しを食べさせています(笑)

 

f:id:daidutusama:20220119125238j:image

 

f:id:daidutusama:20220119025833j:image

 

ちなみに…

都道府県「3歳児の虫歯患者数多いランキング」(2017年)

1位 沖縄 2位 青森 3位 長崎

らしいです💦

 

 

100円の高見え食器

我が家も子どもが生まれてからは、DAISOや Seriaの100円の食器を使ってます( ・∇・)

 

子どもが小さいと、食卓は大惨事になりやすいので、100円の食器だと子どもに割られても「ま、いっか〜」と寛大な気持ちになれるので、助かります☆

 

 

しかも、今のDAISOや Seriaの100円の食器ってめちゃくちゃ可愛いくてお洒落なやつばっかでビックリします!(゚ω゚)

 

f:id:daidutusama:20220117184112j:image

 

f:id:daidutusama:20220117185147j:image

 

我が家で使っているDAISOとSeriaのお皿をちょっと載せてみますと☆

 

こちらはスープ皿に使ってます

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220116161608p:image

 

こちらの食器は大きい方はカレー皿に、小さい方はサラダ皿に使ってます

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220116170501p:image

 

こちらはお茶碗です

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220116170611j:image

 

こちらは小皿です

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220116170639j:image

 

 

こちらのアイスみたいなパイナップルみたいな小鉢は、子どものフルーツ皿に使ってます

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220116170718j:image

 

プラスチック製の食器もおしゃれなのがたくさん売られています!!

 

「高見え食器」って言葉は今日初めて知りました笑笑

 

食事代行

私は2人目の子どもが産まれて、職場復帰してから(娘が2歳、息子が生後8ヶ月のときに職場復帰)、食事代行サービスを利用するようになりました( ̄▽ ̄)

 


1食500円程度で、食器やタッパーを持って行くと、手作りのお惣菜を入れて渡してくれます♫

 


めちゃくちゃ楽ちんで助かります。

しかも、健康的な食事で美味しいです♡

 

こんな感じの献立です

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220115123440j:image


食事代行サービスを利用する前は…

 

うちの夫は家事を一切手伝ってくれないタイプの夫なので、、、

私がフルタイムで働いてヘトヘトで家に帰ってきても、私は息つく暇もなく2歳児と0歳児の食事介助と、夫に夕食作ってテーブルに出して並べてをしなければならず…(ーー;)

 


夫は夕食を食べ終わるとソファに寝そべりYouTubeを観始め、私は子どもに絡まれて、もみくちゃにされながら夕食を適当に口に流し込み、食器などの洗い物や家族の洗濯、子どもの明日の幼稚園の準備をして、お風呂に子どもたちを入れます。

 


夫は私に手を貸すことも労うことなく、ずーっとYouTubeを見続けてくつろぎます( ´_ゝ`)

 


だんだん夫に腹が立ってきて、子どもにもイライラし始めてしまい…ヒステリックになる自分に

「こんなの私が思い描いていた家庭じゃなーい❗️」と、、、

思ってたんと違ーう!!状態になってメンタルが崩壊しかかりました(ー ー;)💦

 


そんなある日、

仕事が休みの日にママ友に愚痴ると、食事代行サービスというものを教えてもらいました☆

 

私が利用している食事代行サービスは、自宅に来てもらうタイプのサービスではなく、自分がお店に料理を取りに行くタイプのものです。

(職場の帰り道にあるので、パッと寄って受け取るだけで済むのでいい感じ)

一見お惣菜屋さんみたいではありますが、お料理は割と出来立てで、子どもが食べれるように薄味にしてくれていて、添加物などは極力使わないように気を遣ってくれています。

量も割と多くて、その日に食べきれないことも多く、次の日に夫と私のお弁当に入れたりもします。

ガス代もかなり節約できますし、生ゴミやプラごみがあまり出ないのも助かります。

何より作り手の料理人さんから直接手渡しで渡してもらえるため、家庭料理の温かさを感じます。とてもアットホームな雰囲気で安心します。(例えるなら、実家からの差し入れみたいな感じでしょうか)

食事代行サービスは、スーパーのお惣菜とはまた違う感じがします。

 

利用されてる方々は、私と同じようなワーママもいれば、独身?単身赴任?の一人暮らしの中年男性が多い印象を受けます☆

 

家事が苦手な私には非常に助かるお店です☆

ちなみに私は週3回利用しています( ^∀^)

 

食事代行サービスを利用し始めたら、夫や子どもに以前よりかはイライラしなくなった気がしますσ^_^;笑

 

 

3歳娘とパズル②

我が家で

現在3歳の娘に行っている教育は、

 

・英語(インターナショナル幼稚園)

・七田式プリントA(自宅学習)

・ワーキングメモリー訓練(神経衰弱、パズルなど)

 

などの3つだけです(´ω`)

 

これに加えて

来月から、新体操教室に娘を通わせる予定にしております☆

 

娘が4歳になったらピアノも習わせようと思っています☆

 

七田式幼児教室にも通わせたいな〜とかも思っていますが、これはまだ悩み中。。。

 

そろばんも近々習わせたいな〜とも考えていますが、、、

 

一体だれが娘の習い事の付き添いと送迎をやるんだ?!という問題があり、、、フルタイムで働いている私にとって、非常に悩ましい問題です(ーー;)

 

現在、娘の幼稚園の送り迎えは全て姑さんがやってくれている状況です…💧

(本当感謝です)

 

息子も年内に託児所から幼稚園へ入園予定なので、娘だけのことを考えてもいられない、、、

 

理想的なのは、全て幼稚園で英語、新体操、七田式、そろばん、ピアノなどを習わせてくれたら最高なんですけどね、、、笑

 

職場の先輩が、子どもの習い事の送迎が割と大変で苦労するのよ〜っとボヤいていたので、習い事の送迎を甘くみてはいけないな〜と思っています💧

 

 

 

さて、ここから本題のパズルの話をしたいと思います!

少し前のブログ記事に、3歳になったばかりの娘にパズルを初めてやらせてみた!という感じの内容を書きましたが

↓ ↓ ↓ 

 

 

3歳児はイラストだけを頼りにパズルを組み立てることは難しく、カチッとパズルがはまるかどうかで3歳児はパズルを組み立てていることが分かったので、カチッとはまるパズルを準備して、娘にパズルを再度挑戦してもらいました☆

 

6ピースのパズルに挑戦

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220114071617j:image

 

f:id:daidutusama:20220114071808j:image

 

3分ほどで完成!!

 

次は、8ピースのパズルに挑戦!!

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220114071858j:image

 

f:id:daidutusama:20220114071915j:image

 

こちらも3分ほどで完成!!

 

1分以内に完成させれるようになったら、ピースを増やして新しいパズルに挑戦してもらおうと思います☆

 

読んでいただきありがとうございます( ・∇・)

娘の幼稚園⑨(おうち英語)

我が家の3歳になる娘は、

1年以上インターナショナル幼稚園に通っておりますが、

英語は全くと言っていいほど話せません💧

 

 

幼稚園で少しは話せているのかもしれませんが、親の前で英語を話すことはまずありません( ̄▽ ̄;)

 

 

なぜなら、お家の中で誰も英語を話していないから・・・

 

英語の環境を家でつくっていないから・・・

 

英語学習を全て幼稚園に丸投げしているから・・・

 

 

YouTube動画に、

日本のインターナショナル幼稚園で5年間働いていた外国人先生が、

インターナショナル幼稚園に通う英語がなかなか上達しない子どもの共通点を3つ指摘し、その改善策を話してくれている動画を見てみました★

↓ ↓ ↓

 

この動画によると、

 

英語がなかなか上達しない子どもの3つの共通点

①日本語のアニメやTVを見ている

②日本語しか話せない友達ばかりと遊んでいる

③子どもに英語で話しかける努力をしない親

 

③が一番の問題らしい・・・(;´∀`)もろに私のことです💧

 

インターナショナル幼稚園に通わせたからといって、100人が100人英語がペラペラになるというわけではないことは、私も娘の幼稚園のイベント行事に参加して薄々気づいていました(;^_^A

娘の幼稚園の年長さんでも、全然英語が話せない子がおります💦

 

インターナショナル幼稚園に通っても、英語がなかなか上達しない子どもは、色々な原因があるとは思いますが、幼稚園から家に帰れば100%日本語の環境が待っているという環境だから英語が上達しないのだと私も思います。(うちがそうだからー…(*_*;)

 

娘の幼稚園の外国人先生も「家での英語環境が大事です。親御さんも英語でお子さんに話しかける努力をしてください!!」とおっしゃっておりました(+_+)

 

 

私だって、英語で娘に話しかけようと・・・

こーゆう本を何冊か買ってはみたんですがね・・・

2、3回ペラペラみただけで本棚にしまってしまいました・・・

(英語アレルギーな私(-"-;A )

↓ ↓ ↓

f:id:daidutusama:20220110224733j:image

 

親が子どもに英語で話しかけようと努力する家庭と、努力しない家庭では子どもの英語習得に差が出てしまうようなので、安くないお月謝をドブに捨てないためにも…ルー語(ルー大柴みたいな英語)でもいいから親が子どもにちょっとずつ英語で毎日話しかけるようにしなければなりません(ーー;)

 

最近は、私もルー語炸裂させながら、娘に接するよう心がけています💧

マジで誰にも聞かれたくない(笑)

 

 

こちらの動画は、子どもにおうち英語を徹底させたママさんの動画です

↓ ↓ ↓

 

めちゃ子どもたち英語ペラペラですや〜ん(゚ω゚)

凄い…

 

そして、ママさんも普通に英語力凄いし…(さすが塾講師)

 

焦った私は

最近娘の見るTVアニメは全てNetflixで英語で見せることにしました(^◇^;)

Netflixは海外アニメが豊富なので助かります)

 

絵本は私が英語読めないので、

英語音声の絵本を買って娘に遊んでもらうことにしました。

↓↓↓

f:id:daidutusama:20220111185441j:image

図書館に行けば分かると思いますが、幼児向け絵本と言えど、英語絵本はマジで読むのむずいです💧

 

 

 

 

ねないこだれだ」という有名な絵本の英語バージョンです★

↓↓↓

 

このレベルの絵本でも私が読むのは難しいと感じてしまいます・・・

夫は私より頭がいいのですが、子どもの教育には無関心のため役に立ちません(-_-メ)

 

息子も2歳前になったらインターナショナル幼稚園に入園させて、娘と息子が英語話してお互いの英語能力維持させたらいいじゃん。という安易な発想も浮かんできていますσ(^_^;)(笑)

 

 

お家で英語の環境を作るのって結構苦労します・・・

 

読んでいただきありがとうございます

3歳娘とパズル

3歳になったばかりの娘に、先日パズルをやらせてみました☆彡

 

 

おそらく娘はパズルをするのは初めてのことだったと思います。

 

 

そもそも3歳児って何ピースくらいのパズルならできるの???

よくわからないため、9ピースくらいから始めようかな・・・(^-^;

 

 

ということで、

こちらの木でできた、積み木のようなパズルを娘に挑戦してもらいました☆彡

↓ ↓ ↓

f:id:daidutusama:20220109200031p:image

 

娘には、完成図の「しまうま」の画像を見せて「ゼブラをつくるんだよ~」と何度か声がけを行いましたが・・・

 

10秒後…

 

f:id:daidutusama:20220109201524p:image

 

うん…( ´ ▽ ` )積み木だと思うよね。。。

 

 

 

 

こちらのパズルは娘にはまだ早かったようです💧(笑)

 

 

 

次に娘に挑戦してもらったパズルはこちら

↓ ↓ ↓

f:id:daidutusama:20220109204631p:image

 

これは2ピースのパズルなので、娘も秒で完成させれました☆

 

では、次は6ピースのパズルに挑戦してもらいました★

↓ ↓ ↓

f:id:daidutusama:20220109223924p:image

 

完成すれば恐竜の絵が出てくるんですが、このパズルはうちの娘には難しかったようで、全然できませんでした(・・;)

 

 

 

闇雲に色んな種類のパズルをやらせたらダメな気がする・・・(;´・ω・)

どうしたもんか・・・

 

「3歳 パズル」でネット検索すると

こんなYouTube動画が出てきたので、早速視聴してみました★

(便利な世の中で、助かります)

↓ ↓ ↓

 

 

ふむふむ

この動画によると、3歳児はパズルのイラストよりも、パズルがカチッとはまるかどうかでパズルを組み立てていくらしい。

 

3歳児にとって、イラストだけを頼りにパズルを組み立ていくことは非常に困難なことだと2021年のイギリスの研究で改めて証明されたようです。

 

そのため、私が娘にやってもらった積み木のようなシマウマのパズルや、恐竜のパズルは、パズル同士がカチッとはまらないタイプのパズルであったため、イラストを頼りに組み立てれない3歳児には適さないパズルであったということになるよーだ(*_*;

 

 

なるほどね。。。

私はパズルのピースの数ばかりに気を取られていたため、パズルの形状にまで注意を払えていなかったようです(◞‸◟)

 

カチッとはまるパズルを準備しなおして、また次回娘にパズルに挑戦してもらおうと思います★

 

読んでいただきありがとうございました~♪